2件の結果中1〜2件を表示中
スタッフブログ

【危険】夏場は水ばかり飲むな!!!

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムLINOです☺

暑い日々が続きますね。。。

もう夏はすぐそこ!という感じですが皆さん夏場は汗もかいて水分補給の頻度もあがりますよね。

ここで皆さん「お水ばかり飲んでないですか?」

【結論】
脱水症状・熱中症対策には「塩分が必要」

【それはなぜ?】

夏場に大量の汗を書くと体から水分と
塩分(ナトリウム)が排出されます。
体内に十分なナトリウムが無ければ水を飲んでいても自発的脱水」といいもっと体内から水が排出され、脱水症状の原因になります。
余談ですが、「夏バテで食欲がない」なんて方もいらっしゃると思いますがこれも、ナトリウム不足による”胃酸減少”が多くの原因。
また、塩分を補給しないと、交感神経に刺激がいかず「無気力状態」になります。
「夏バテで体がだるい。。。「」

なんて経験がある方は多いのではないでしょうか。

そう。暑い季節ほど塩分(ナトリウム)の摂取を

心がけて下さいね!!

【どれくらい摂ればいいの?】

腎臓に疾患が元々ない方でしたら
摂取量として「一日9~11g」は意識しましょう。

そして運動をして汗を良くかいている人は摂取量をもっと増やしてもOK

日本体育協会の指針では、熱中症予防のために「100mlあたり0.1%~0.2%」の食塩を含んだドリンクを飲むことを推奨されてます。これはナトリウムとして「40~80mg」ですので、運動中に「1リットルの水を飲む場合は400~800mgのナトリウム(塩分として1~2g)」を摂取する事を進めています。
.
また基本塩分は“食塩”ではなく“天然塩”を。
ナトリウムだけではなく、カリウムやマグネシウムも含んでいるピンクソルトや雪塩、ぬちま〜す
がおすすめですよ☺

最後までお読み頂きありがとうございます!

それでは次回の投稿でお会いしましょう☺

【お問い合わせ】
無料体験・カウンセリング

【トレーナーInstagram】

日々為になる情報を発信します☺
スタッフブログ

【撃退】ポッコリお腹

こんばんは!

皆さんお腹ぽっこり気になっていませんか??
もしかして
ビールっ腹?胃下垂?

なになに??

【結論】

原因の1つは 筋力不足」です😭

内臓を支える筋肉が弱いため、
お腹がぽっこり出てしまうのです💦💦
もちろん、「The 脂肪!」って方もいます。
全体的に細いのにお腹だけ…って方は内臓を支えてあげる筋肉が弱いのかもしれません❗️

【じゃあ、どうすればいいの】

まずは食事改善を!!
タンパク質をしっかり摂って、
筋肉量を上げていきましょう🔥
基礎代謝も上がりますし
鍛えたいインナーマッスルも強化され、
お腹が引き上げられますよ✨
食事についてはこちらを参考に☺

【ところでインナーマッスルとは?】

インナーマッスルって???
体の深ーーいところに位置する筋肉のことです❗️
おすすめは、「ドローイン」✨
ドローインは体幹トレーニングのひとつで、
呼吸に合わせてお腹を凹ませたり、膨らませたりして
インナーマッスルを鍛えます🔥
鼻から大きく息を吸ってお腹を膨らませ、
口から息を吐きながらお腹を凹ませ、
腹部のインナーマッスルを刺激します😁
お腹周りの引き締めにつながる

お腹の深層にある腹横筋内腹斜筋に負荷をかけることができます✨

お家でもできるトレーニングです🏠✨
毎日コツコツと行い、
お腹の筋肉を強化して、
ぽっこりお腹を凹ませましょう😆
それでは次回の投稿で☺
パーソナルトレーニングジムLINO